◇◆ ◆◇

 

 

 

 【 欧陽菲菲 / 追憶 】

 

 『追憶』…… これほど神秘的なオーラの漂うアルバムには、かつて出会ったことがありません。 歌に耳を傾け、ジャケットを見つめていると、魂が吸い込まれていくような気がします。

 中古店で入手したLPですが、保存状態も完璧で、発売後18年経ってなお、信じられないほどの輝きを放っています。 これまで一体どこで眠っていたのでしょうか …… 「誰かに見つけてもらうために、過去をありのまま伝えるために、タイムカプセルに封印されていた」 そう思わずにはいられなくなるアルバムです。

 ジャケット表は、藍色の背景と黒い衣装に彩られた欧陽菲菲のアップ。 憂いを含んだ瞳がとても綺麗。 それとは対照的に、いたずらっ子のように笑う裏ジャケの菲菲は、思いきりキュート。 写真の横には、曲名、作詞・作曲者名が英語で記され、その下に All titles arranged and conducted by TATSUMI YANO. とあります。

 矢野さん、作曲、編曲だけでなく、指揮もされていたのですね。 矢野ファンとしては、これだけでも十分感動的ですが、更に衝撃的なのはライナー。 いちめんの鮮やかな朱色の地に、菲菲のモノクロ写真と、タイトル、曲名、作詞・作曲・編曲者名が浮かび上がって見えます。 ページをめくると、一曲毎にすべて参加ミュージシャン名が記載されているではありませんか!! しかも、本来ただの情報に過ぎないこれらの記載事項が、ライナーの中で美しく配置されているのです。

 サウンドとともにアルバムの中に閉じ込められた過去…… その痕跡がいたるところに見られるLPです。 ひとつひとつの音を確かめながらジャケットを眺めていると、知っているはずもないのに、収録当時の光景が目に浮かんできます。

 『追憶』は、1986年にLPとCDの両方が発売されましたが、ジャケットの美しさという点では、CDはLPに遠く及びません。

 どちらもデザインは同じなのに、なぜこれほどアナログ盤に魅了されるのでしょうね? LPの大きなキャンバスは、思いのままに空想の翼を広げることが許される場所、ある意味、とても贅沢な空間だからなのでしょうか。

 

 

★☆★☆★☆★  ★☆★☆★☆★

 

 

【ミーハーな話  レコード会社様へのお願い】

 ……などとカッコつけてますが、実はアルバムにたくさん「矢野立美」と書いてあるだけで、嬉しくなっちゃったりして (^^;;;  数えてみたら全部で27ヶ所もありました。☆彡 (←もの好き…笑)

 ついでにもうひとつ。
「お気に入りのスターウォーズの本に指紋をつけたくない」と手袋をはめて読んでいた娘に、「開いた口が塞がらない」と呆れて言った私ですが、このアルバムだけは絶対指紋をつけたくな〜ぃ!! ←似たもの親子ですね。(^◇^;;;

 さぁ、くだらないこと喋ってないで、曲の紹介に行きましょうか。(^o^)

 でも、その前にリクエスト。 『追憶』は、ジャケットごと愛したくなる最高のレコードだけれど、いえ、最愛だからこそ、是非デジタル・リマスタリングで蘇らせてほしいと切望しています。 「バイオマン」「チェンジマン」で最新技術の凄さに衝撃を受け、益々その思いは強くなりました。 レコード会社様、どうぞ、どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

★ 泣いちゃいないよ ★

 サントラばかり追いかけていた頃、インスト派だった私には、まだ、歌を聴くことへの抵抗感がありました。 それでも、やはり、矢野さん作曲の歌は探してみたい。 興味半分で足を踏み入れた歌の世界ですが、聴く曲、聴く曲、見事に私の心を捉えるものばかり。

 この歌が収録されたベスト・アルバムを入手するに至って、矢野サウンドへの想いは、「矢野さんは絶対私の期待を裏切らない」という確信に変わっていきました。

 中野麻衣子の「Twilight」同様、「泣いちゃいないよ」もまた、矢野さん色に染まったバラード。 美しいメロディ・ラインとドラマティックに盛り上がるラストが感動的です。 アレンジ面では、最後の「泣いちゃいない 泣いちゃいない ハンパな恋は 捨ててやるさ」で、力強くぶつかってくるピアノが実に素晴らしいですね。

 ベスト・アルバムには参加ミュージシャンの記載はありませんでしたが、このコーラスを聴いた瞬間「あっ!矢野さんの声!」と気づきました。 ですから、オリジナル・アルバムで矢野さんのコーラス参加を確かめることができた時は、本当に嬉しかったです。

 しかも英語で『I CAN'T CRY ANYMORE』というタイトルまでついているのには思わず笑みがこぼれてしまいました。

★ 雨降る季節 ★

 アルバム全体として、ピアノの素晴らしさが際立った曲が多いですが、その中でも群を抜いてダイナミックなピアノを聴かせてくれているのがこの歌。

 前半は、クラシック調のピアノがやや押さえ気味にメロディを彩っていきますが、そのサウンドが、「NEVER WANNA LET YOU GO AGAIN」で一気に飛翔する様は圧巻というほかないです。 しかも、一番最後の「NEVER WANNA LET YOU GO AGAIN」で、これ以上ないというほど力強く鍵盤を打つピアノ …… ストリングスと競い合って最高の輝きを見せていますね。

 「追憶」とともに、三木たかしさんのメロディ作りの才能を実感してしまう歌ですが、その感動をここまで高めることのできる矢野さんには、ひたすら尊敬の眼差しです。

 

★ 追憶 〜NEVER FALL IN LOVE〜 ★

 歌唱力抜群の欧陽菲菲が、その実力を余すところなく発揮した歌。 アレンジ面ではハーモニカとコーラスが印象的です。 さすが比山貴咏史さん!!という美しいコーラス。 やはり比山さんのコーラスは世界一ですね。

 ノスタルジックな想いを演出する間奏のハーモニカも涙もの。 歌のパートとは一味違った新鮮な響きで、二番に向けて効果的な橋渡しをしている点、矢野さんのセンスがキラリと光ります。

★ 最終電車 ★

 澄んだ夜空から星の燦めきがこぼれてくるようなサウンドが美しい。 清涼感あふれるアレンジが素敵ですね。

★ リメンバー・サマー ★

 ジェイクさんのアルト・サックスが魅力的。 ドラマティックなピアノに先導されて登場する間奏のソロも聞き応え十分。 特にラスト近く、メロディに絡むように入ってくるパートが絶妙!! 本当に感動的な曲です。

 

 

 

  

 

 

 

 ◆ LP ◆ 欧陽菲菲 「追憶」 1986年

 

曲番号 曲名 作詞 作曲 編曲
Side.1(1)  追憶 〜NEVER FALL IN LOVE〜 荒木とよひさ 三木たかし 矢野立美
(2)  流れ星ララバイ 荒木とよひさ 三木たかし 矢野立美
(3)  最終電車 島エリナ 田中眞美 矢野立美
(4)  六本木孔雀 荒木とよひさ 三木たかし 矢野立美
Side.2(1)  リメンバー・サマー 島エリナ 千代正行 矢野立美
(2)  悲しみの隣に 荒木とよひさ 三木たかし 矢野立美
(3)  泣いちゃいないよ 島エリナ 矢野立美 矢野立美
(4)  雨降る季節(とき) 島エリナ 三木たかし 矢野立美

 

 

 ◆ CDアルバム ◆ 欧陽菲菲 「追憶」 1986年 (H33P-20075)

 

曲番号 曲名 作詞 作曲 編曲
 追憶 〜NEVER FALL IN LOVE〜 荒木とよひさ 三木たかし 矢野立美
 流れ星ララバイ 荒木とよひさ 三木たかし 矢野立美
 最終電車 島エリナ 田中眞美 矢野立美
 六本木孔雀 荒木とよひさ 三木たかし 矢野立美
 リメンバー・サマー 島エリナ 千代正行 矢野立美
 悲しみの隣に 荒木とよひさ 三木たかし 矢野立美
 泣いちゃいないよ 島エリナ 矢野立美 矢野立美
 雨に咲く傘の花 荒木とよひさ 三木たかし 若草恵
 ラヴ・イズ・オーヴァー 伊藤薫 伊藤薫 若草恵
10  雨降る季節(とき) 島エリナ 三木たかし 矢野立美

※CDにはボーナス・トラックとして「雨に咲く傘の花」「ラヴ・イズ・オーヴァー」が追加されています。

 

 

 

歌曲目次に戻る

 

ホームページに戻る