新譜紹介(18)

 

 

 麻生しおり ★ 春のジャケット ★
.

 

.
【春のジャケット】

 麻生しおりさん、とっても綺麗な声の方ですね。
少女のように可憐で、心の中に大切にしまっておきたいくらい。
こういう、80〜90年初期ポップス風の歌い方、大好きです。
作曲は私の大好きな伊藤薫さんで、もちろん絶賛もの。
できることなら、「オールウェイズよ、もう一度!」の思い。
今の時代、こういう爽やかポップスが聴けなくて残念ですね。
何度も言ってますが、80〜90年代矢野ポップス、大好きなんです。

ハーモニカの懐かしい響き、ほんとうに素敵ですね。
イントロ・ハーモニカに続く、ふわっとしたメロディにも涙。
歌の前半部分でもハーモニカの入れ方が冴えてます。
途中から入ってくるシンセがまたいいんですよね。
「も一度生まれ変わって」からラストへのストリングスも感動的。
詞に歌われた主人公の想いの高まりを見事に表現してますね。

    ………………………………………………………………

【めぐり逢いすれ違い】

 う〜ん、しおりさん、やっぱり可愛い!!
胸にキュンとくるような歌い方。 高音も綺麗。
「人生そんなものよ」パートの声のノビが素晴らしい。
ちょっとリズミカルなアレンジも抜群。
「ふられふられては」以後のストリングスが大〜好き。♪
ここの燦めきシンセ音も耳に残りますね。
.
                           (08.11.7)

麻生しおり(麻生詩織)、マキシシングル『春のジャケット』 2008年11月5日発売 (TKCA-90303)
   「春のジャケット」    作詞:伊藤薫、 作曲:伊藤薫、 編曲:矢野立美
   「めぐり逢いすれ違い」  作詞:伊藤薫、 作曲:伊藤薫、 編曲:矢野立美
     ● カラオケ付き ●

 

 

 

 松原健之 ★ こころの旅 ★
.

 
amazonで試聴可能

 

 

 

 

 

 

.
【千の風になって】

 松原健之さんの歌、初めて聴きましたが、
感動的なほど美しいクリスタル・ボイスですね。
安らぎの感じられる独特の世界を持っていらっしゃる方。
松原さんには、静かなバラードが似合いますね。
何よりも、その優しさに最大の魅力が潜んでいる気がします。

矢野さんの編曲により、見事に「松原さんの歌」に変身してますね。
冴え冴えとしたイントロのオーボエは、メロディも音色も本当に綺麗。
イントロ後半は、どこか愛らしさと温もりも感じられて好きです。
全体を覆うクラシカルなストリングスが素晴らしいですね。
「千の風になって」以後、感情が豊かにあふれ出てくる感じ。
2番、3番のピアノも宝石のようにキラリと光っていますね。
間奏の中にも、ひとつ物語が閉じ込められていて魂をゆさぶられます。
ラストの「あの大きな空を吹きわたっています」、松原さんの声が
とてもすがすがしく、心地よく心に響きますね。

    ………………………………………………………………

【浅野川恋唄】

 聴く度に涙が流れる歌ですね。イントロの段階で既に涙。
典型的なフォークソング・テイストですが、松原さんが
歌うと、切ないほどに優しいですね。内側から滲み出てくる優しさ。
哀しい歌だけれど、間奏の温かさには心が和みますね。
間奏ラストのトリル(?)も印象的ですね。

矢野作品以外では、「愛のうた」と「もし翼があったなら」
がお気に入り。 どちらも感動的な歌だと思いました。

    ………………………………………………………………

【松原健之関連コメント一覧】

   ◆1◆ アルバム『こころの旅』
.
   
◆2◆ シングル『奥入瀬恋歌』

.
   
◆3◆ アルバム『松原健之 ベストアルバム5』
.

                           (08.11.4)

松原健之、CDミニアルバム『こころの旅』 2008年6月25日発売 (TECE-20766)
   「浅野川恋唄」   作詞:五木寛之、  作曲:山崎ハコ、  編曲:矢野立美
   「千の風になって」 作詞:不詳、 日本語詞・作曲:新井満、 編曲:矢野立美

 

 

 

 あさみちゆき ★ あさみのうたIV ★
.

 
amazonで試聴可能

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.
【ひとり暮らし】

 ちゆきさんの歌唱、抜群にカッコいいですね!!
特に「ひとり暮らし 恋もなく」には気迫が感じられます。
しかも、これまでにない雰囲気でとても新鮮。 けれど、
新しさの中にも、ちゆきさんの個性は はっきりと感じ取れますね。
宇崎竜童さんのメロディがまたすごくいいんですよね。
基本的に、切れ味の良さが魅力の作曲家だと思いますが、
ちゆきさんとこれほど相性がいいとは思ってもみませんでした。

 クールなサウンドで始まるイントロ。 ピアノとシンセも抜群で、
すごいお気に入り。 インパクトありますねー。 ピアノの途中、
パシーンと打ちつけるシンセ音が絶妙なタイミングで入ってますね。
歌前半、モザイクのように鏤められた楽器群が冴えてます。 
全体的に居心地の良いサウンドですが、キリリと引き締まった
アレンジで、ほんとうにカッコいいですね。 
2番はトレモロもいいし、短く入るアコーディオンが抜群。
ストリングスの入れ方もお洒落です。

    ………………………………………………………………

【人間って何だろう?】

 何と感動的な歌!!  
歌詞にも、杉本眞人さんのメロディにも、心を揺り動かされます。
ちゆきさん「星に訊いていたね」の歌い方がとても愛らしいですね。
元々結婚式用に作られた歌だそうですが、今回のカバーを機に
たくさんの方が結婚式で歌ってくださったら嬉しいですよね。
.
         ◆◇◆◇◆
.

 そして、この歌の感動をさらに高めているのが、
瑞々しく、それでいて、ダイナミックなアレンジ!! イントロの
トランペットを聴いただけで、思わず涙がこぼれそうでした。 
優しさと切なさを併せ持った美しいメロディ、その音色、
ただ、ただ、ただ、「感動」という言葉しかありません。

歌パートのトランペットがまた素晴らしいのです。
物語に深みを与えているだけでなく、人生そのものを感じさせますね。
特に「おまえは泣きながら星に訊いていたね」のトランペットは最高。
星空を仰ぎながら涙する姿が瞼に浮かびます。
「誰にも分からない」から入ってくる静かなストリングスは、
次第に高まりをみせ、「神様が決めたこの人と」で大きく花開く。 
ほんとうに素晴らしい展開ですね。

歌2番では、ピアノ主体に変わり、物語の場面転換が巧く図られて
いますね。 「知っておいた方がいい」のエレキギターも印象的。
「神様が決めたこの人が」パートで、ピアノと管楽器を前面に出し、
サウンドに力強さと さらなる広がりを持たせている点も見事。

クライマックスのリピート・パート、様々な楽器を織り込み、歌声を
重ね、これ以上ないほどドラマティックに歌を盛り上げています。 
リピート・パートに入る直前からラストにかけてのピアノ、
パワフルな演奏には圧倒されるばかり。人間の芯の強さの象徴ですね。

※ 結婚式にお勧めの歌としてブログでも紹介しています。

    ………………………………………………………………

 矢野作品紹介コーナーですので、上記2曲のみ紹介してますが、
このアルバム、どれも皆すごく良い歌で超名作!! 以前よりも
更に輝きを増したちゆきさんに出逢えて、本当に嬉しく思いました

    ………………………………………………………………

【あさみちゆき関連コメント一覧】

   ◆◇◆ こちらのリストからどうぞ
.

                           (08.10.26)

あさみちゆき、CDアルバム『あさみのうたIV』 2008年10月22日発売 (TECE-25799)
   「ひとり暮らし」    作詞:阿久悠、   作曲:宇崎竜童、 編曲:矢野立美
   「人間って何だろう?」 作詞:岡田冨美子、 作曲:杉本眞人、 編曲:矢野立美

 

 

 

 天童よしみ ★ 私のベイビー ★

.

 
amazonで試聴可能

 

 

 

 

 

 

 

.
【私のベイビー】

 このアルバム中、私のハートを直撃したのが「私のベイビー」。
ポップスでも天童節は健在で、いつも通りの豪快な歌唱が魅力です。
二度目に出てくる「ビー・マイ・リトル・ベイビー」パート、
ちょっとだけ裏声に変わるところも、と〜っても素敵。
元洋楽ファンとしては、こういう企画はすごく嬉しいですね。

 で、今回のアレンジ、まず最初にこのひとことを叫ばなければ。
歌のバックで踊ってるストリングス。このノリの良さは何なんだ〜!!
「だから愛して」以降、特に「ビー・マイ・リトル・ベイビー 
わたしのベイビー」のストリングスは最高に楽しい。 
驚きのリズム感覚!! やっぱり矢野さんは、すご過ぎる!!
勿論、ドラムが刻むベーシックなリズムという意味じゃないですよ。
メロディに乗りきれる、音を自在に操れるリズム感が、
このストリングスのノリの良さを生み出しているのでしょうね。

 それだけでなく、この歌、イントロから冴えまくってますねー。
アカペラの美しいハーモニー。短いけれど至高の輝きを放っています。
これが聴けただけでも幸せだというのに、「だから愛して」以降の
弾けるストリングスは、完璧なサプライズでした。 
さらに、間奏で、やや低めのストリングスを登場させ、曲に変化を
つけている点も心憎いですね。 歌パートとのコントラストが抜群。 
不思議なほど居心地の良い空間で、メチャクチャお気に入りの間奏。 
曲中のコーラスの入れ方もすごくいいですね。

    ………………………………………………………………

【悲しき雨音】

 このコーラス、気品がありますね。声の強弱のつけ方がいいんです。
愛らしいオルゴール音とふんわり柔らかなコーラスとの
組み合わせが絶妙。 コーラスはどなたかしら? 気になります。
英語歌詞の部分、ちょっといつもの天童さんとは違いますね。
英語だからというワケでもなさそう。 可愛い雰囲気を出すため?
でも、こういう天童さんも新鮮でいいですね。

    ………………………………………………………………

【砂に消えた涙】

 「あなたが私にくれた」から「いつわりのプレゼント」までの
ストリングス、歌ってますね。いいですねー。こういうストリングスを
聴いていると、お目々がハートマークになってしまいます。(笑)
随所で使われているティンパニとピアノも印象的。
ジャケ写真がまたすごく可愛いんですよね。 中でも、表紙裏の
メガネを両手で頭上に掲げている写真がお気に入り。
.
                           (08.10.26)

天童よしみ、CDアルバム『よしみコレクションII 歌心名曲選3』 2008年9月10日発売 (TECE-28770)
   「砂に消えた涙」 作詞・作曲:Piero Soffici / Alberto Testa、 訳詞:漣健児、 編曲:矢野立美
   「悲しき雨音」  作詞・作曲:John C Gummoe、     訳詞:あらかはひろし、 編曲:矢野立美
   「私のベイビー」 作詞・作曲:Jeff Barry / Ellie Greenwich / Philip Spector
            訳詞:漣健児、 編曲:矢野立美

 

 

 

 北川大介 ★ 黄昏のむこう側 ★
.

 

 

 

 

 

 

 

.
【黄昏のむこう側】

 ちょぴり切なく、そして、心に染みる歌。
自分の心を距離を置いて眺めている点が、却って涙を誘いますね。
平尾さんのメロディ、光ってます。 荒木さんの歌詞も抜群。
「帰らぬ恋を また引きずれば そこには影法師」がいいですね。
「あの黄昏のむこう側に もしも帰れるなら」も負けず劣らずいい。
もちろん、大ちゃんの歌声も魅力。「染めるけど」には胸キュン。

イントロの燦めきサウンドがすご〜く印象的。
「重いのは」「包むから」のキラキラした合いの手も素敵。
最後の繰り返しパート、「今は遠くから 今は人生を」で
一瞬、「キラリン♪」という音と大ちゃんの声だけになるところ、
ドキドキするほど魅力的ですね。

    ………………………………………………………………

【男たちの純情歌】

 渋い曲ですね。 大ちゃんの歌い方、味わい深いです。
これ、渡哲也が歌っても似合うかもしれませんね。

セピア色の世界へ誘うハーモニカの音色がいいです。
なかでも「それでいい」パートや間奏での使い方は最高。
「涙もいいさ 涙もいいさ」のストリングスも私好み。
バックのギターも頑張ってますね。個性的な音色が耳に残ります。

    ………………………………………………………………

恒例(?)のPV視聴感想をブログのほうにアップしました。

第50回日本レコード大賞「日本作曲家協会奨励賞」受賞!!
  大ちゃん、おめでとう!! これからも頑張ってね。(12月追記)

    ………………………………………………………………

【北川大介関連コメント一覧】

   ◆1◆ シングル『横浜ルージュ』
.
   
◆2◆ シングル『黄昏のむこう側』
.
                           (08.10.9)

北川大介、マキシシングル『黄昏のむこう側』 2008年10月8日発売 (CRCN-1374)
   「黄昏のむこう側」  作詞:荒木とよひさ、 作曲:平尾昌晃、 編曲:矢野立美
   「男たちの純情歌」  作詞:荒木とよひさ、 作曲:平尾昌晃、 編曲:矢野立美
     ● カラオケ付き ●

 

 

 

 

(19)へ ← 新譜紹介 → (17)へ

 

新譜紹介作品一覧に戻る

 

ホームページに戻る