新譜紹介(19)

 

 

 森若里子 ★ あなたの古里 ★
.


amazonで試聴可能

 

   
.
【あなたの古里】

 穏やかでゆったりした雰囲気の歌。
森若さんの歌は始めてですが、とても綺麗な声の方ですね。
透き通った高音が魅力的。 愛らしさ、優しさも漂ってます。
「言った人」直後から「ありがとう ありがとう」パートの
ストリングスは、「さすが!」と思わせるものがありますね。
コーダの波の音と、ウクレレ?がすごく印象的。

    ………………………………………………………………

【つらつら椿】

 小粋な歌で、いいですねー。 
情景がドラマのように目に浮かぶ歌詞。椿の花びらが鮮烈。
作曲の弦哲也さんのメロディも素敵ですよね。 
ラスト、森若さんの「恋椿」、「き〜」と声が下がるのがいい。
「あなたの古里」もいいけれど、こっちをA面にしても
よかったのでは?、と思います。

全体に楽器使いが面白いですね。
一番気に入ったのは、鼓のような音。すごく新鮮な響きで、
思わずハマりますねー。 入れるタイミングが絶妙。
もちろん、お琴と三味線の使い方もセンス抜群。
お琴がイントロで一瞬だけ登場する点も心憎い。
ストリングスがいいのは、今更いうまでもないことです。
それから、今回、御馴染みの燦めきサウンドが、
いつにも増してキラキラしてるところもツボ。

矢野サウンドをピックアップするコーナーなので
上記2曲しか紹介してませんが、「むすめ巡礼」
という曲もカラオケ付きで入っていてお買い得なCDです。

.
                           (09.2.5)

森若里子、マキシシングル『あなたの古里』 2009年2月4日発売 (TKCA-90314)
   「あなたの古里」  作詞:紺野あずさ、 作曲:弦哲也、 編曲:矢野立美
   「つらつら椿」   作詞:紺野あずさ、 作曲:弦哲也、 編曲:矢野立美
     ● カラオケ付き ●

 

 

 

 宮内タカユキ、東京混声合唱団 ★ 仙北市民歌 ★
.

 

 

.
 矢野先生が出身地である秋田県仙北市の市民歌を作曲されました。
故郷を誇りに思い、とても大切にしていらっしゃる先生ですから、
深い思いを込めて曲を作られたのではないかと想像しています。
ファンとしても、市民歌の誕生を心からお祝いしたい気持ちです。

 一般のCD店で販売されている歌ではありませんが、
仙北市公式ウェブサイトの「仙北市について」というページに
「仙北市民歌」の歌詞、作詞・作曲・編曲者名が記載されています。
また、サイト上では、「東京混声合唱団」による歌が聴けるうえ、
楽譜をダウンロードすることもできます。
仙北市の魅力を伝える温かく美しいメロディ。本当にいい歌ですね。
是非、直接サイトに行って、歌を聴いていただきたいと思います。

矢野サウンド史上、大変貴重な1ページですので、上記のほかに、
作品誕生の経緯等を記録として残しておくことにしますね。
ネットで拾った情報で、制作過程のほんの一部ですが、ご紹介します。
なお「東京混声合唱団」の記事はネットでは発見できませんでした。
                
(2016年4月に文章を修正しました)

    ………………………………………………………………

◆ 2007年6月15日 【歌詞募集】
 
(仙北市『お知らせ・ナビ』平成19年6月15日号より)
.

◆ 2007年9月10日 【歌詞決定】
 
(『広報せんぼく』 平成19年10月号より抜粋)
 仙北市の「花・鳥・木」と「仙北市民歌」の歌詞が決まりました!  仙北市民の皆さんはじめ、全国からたくさんの応募をいただき、「仙北市の花・鳥・木選定委員会」、「仙北市民歌選定委員会」による厳正な審査の結果、仙北市の花は「サクラ」、鳥は「イヌワシ」、木は「ブナ」に決定しました。 仙北市民歌の歌詞は、横浜市の星合節子さんの歌詞が最優秀作品に選ばれました。 市民歌については、今後作曲家に曲をつけていただき、今年度中に市民の皆さんに披露する予定です。
.
◆ 2008年2月28日 【打ち合わせ】
 
(『宮内タカユキさんのブログ』より抜粋)
 昨夜は深夜に帰宅。 今日は昼すぎに久々に矢野さん(矢野立美氏)と会う。 いつ会っても、カッコいい!いくつになっても、爽やかさが変わらない! 矢野さんとの出会いはバイオマンから。 話していて、パワーがわいてきた。 (←多分、市民歌の打ち合わせだと思います。私の勝手な想像です。もし違ってたらごめんなさい。)
.
◆ 2008年3月3日 【歌の練習】
 
(『宮内タカユキさんのブログ』より抜粋)
 ある統合した市の歌を週末にレコーディングするので、今日は自宅でお勉強で〜す♪ 優しいメロディーで、心地よい気持ちになる。
.
◆ 2008年3月8日 【レコーディング前日】
 
(『宮内タカユキさんのブログ』より抜粋)
 明日のレコーディングの歌を何度も歌いこみ帰宅。 なかなか風情のあるメロディーに穏やかな気持ちになる。 サウンドインスタジオも久々だよな〜・・・頑張るゾ!!
.
◆ 2008年3月9日 【レコーディング】
 
(『宮内タカユキさんのブログ』より抜粋)
 今は、レコーディングの休憩中。 市民歌…なかなかですよ〜。 特撮のレコーディングとも違う。 何事も挑戦!勉強だね! さぁ!いよいよ本番だ〜!!頑張るぞー!!
.
◆ 2008年3月 【宮内さん、市民歌を語る】
 
(キッズステーション『アニぱら音楽館』ゲスト
   インタビュー内に、宮内さんがレコーディングや
   市民歌に対する抱負を語った箇所があります。
   会員登録(無料)が必要ですが、詳細をお読みに
   なりたい方は「アニぱら」のページへどうぞ。)
.
◆ 2008年9月20日 【市民歌のお披露目】
  (『秋田県南日々新聞』 2008年9月20日号より抜粋)
 アニメーション映画「トトロの森」などの背景画を描いた男鹿和雄さんの「ジブリの絵職人 男鹿和雄展」が20日から、仙北市角館町の平福記念美術館で始まった。 そのオープニングセレモニーと仙北市合併3周年を記念して作った「市民歌」の披露式が同日午前8時半から同美術館前で行われた。
  
(中略)
 佐藤峯夫議長の祝辞の後、角館小学校ドリームハーモニーが「仙北市民歌」を披露。 市民歌は「田沢湖畔に 吹く風が 夢と希望を 乗せてくる みどりも山も いきいきと 自然あふれる 仙北市 輝く未来 拓くまち」を1番に3番まであり、全国から42点の応募作品から横浜市在住の星合節子さんの作品を採用。 角館高校卒業生の作曲家・矢野立美さんが曲を付けた。

※『広報せんぼく』 平成20年11月号や、秋田県仙北市立西明寺小学校の広報『かたくり No.23』(2008年9月26日)にも、市民歌披露の記事が掲載されています。
.
◆ 2008年10月12日 【市民歌の演奏と合唱】
  (『自衛隊秋田地方協力本部』活動実績紹介より抜粋)
【各地で音楽演奏会、満員御礼】
   日時:10月11日、12日 
   場所:大仙市、仙北市 

 秋田地本(本部長・三浦1空佐)は、10月11日及び12日、大仙市大曲のふれあい文化センター、仙北市田沢湖の仙北市民会館において行われた東北方面音楽隊の演奏会を支援した。 両日とも、第1部はクラシックに始まり、NHK大河ドラマ「篤姫」のテーマソングなどを演奏し観客を魅了。 第2部は、プログラムに非掲載の曲とともに、奏者が観客席後方から入場する等の工夫をこらした演出で会場を大いに沸かせた。 植竹2曹と櫻田3曹の音楽隊員2人のかけ合いによるユーモア溢れる司会進行の下、秋田県の民謡メドレーや、テレビでおなじみの曲目の演奏に、満員の会場からは演奏会終了後も拍手が鳴りやまなかった。 12日仙北市では、音楽隊員により演奏会の合間をぬって地元中学校2校の吹奏クラブ33名に対して演奏指導も行われた。 また、演奏会では仙北市民歌が演奏され観客と一体となった合唱で盛り上がり、来場した副市長から何度も感謝の言葉頂いた。

    ………………………………………………………………

.
ブログでは、ちょっとした「こぼれ話」と、仙北市の写真サイトを
ご紹介していますので、よかったら行ってみてくださいね。
.
                           (09.1.21)

宮内タカユキ、東京混声合唱団、『仙北市民歌』 2008年制作
   「仙北市民歌」   作詞:星合節子、  作曲:矢野立美、  編曲:矢野立美

 

 

 

 吉幾三 ★ 魂 〜出逢いの中で〜 ★
.

 

 

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.
【あいつのブルース】

 とにかく吉幾三さんの熱唱、ほんとうに素晴らしいですね。
これまで「ほのぼの系」というイメージが強かったのですが、
こういう歌もすごく似合いますね。 私にとっては新境地。
それだけでなく、メロディも、歌詞も素敵です。
19歳で病死した彼女を想う歌なのですが、すごい物語性が
感じられて、ホントに泣かされます。 それに
「愛してる」って、心の底から叫んでるところがまた鮮烈。

この歌、飛び上がっちゃうくらい凄いアレンジですね。
矢野パワー炸裂!! 大快挙!!  衝撃のアレンジ!! 
もう何も言うことがない、というくらい感動してます。

トランペット奏者は、エリック宮城さんだそうですが、
あまりにすごいプレイで、ただひたすら圧倒されてます。
「カッコいい!!」の一言に尽きます。
パワフルで情熱的。 まさに「燃える魂」が感じられますね。
こんなストレートで、爽快なトランペットに出会ったのは久々。
このまま、インスト曲にしちゃいたいくらいです。
私としては、是非、特撮ファン、サントラ・ファンにも
聴いてもらいたいと思っています。

特に間奏とコーダは、最高のトランペット!!! 
そこに重なるピアノとヘビーなエレキギターも抜群。
イントロのギターもちょっと面白い音色ですごくいい感じです。
歌パートのキーボードもこの歌にぴったり。
「愛してる」のピアノもめちゃくちゃ冴えてますねー。
ほんと、生きててよかったと思えるほど素晴らしいアレンジです!!

    ………………………………………………………………

 今回のアルバム、他の曲も、どれもほんとうに名曲で、
しかもバラエティに富んでいて、トータルで楽しめます。
皆様も是非、吉幾三さんの世界に浸ってくださいね。  (08.12.26)

こちらのブログで、試聴も可能な、1曲210円のダウンロードサイト
を紹介しています。 まずは試聴からどうぞ。    (09.1.6追記) 

    ………………………………………………………………

【吉幾三関連コメント一覧】

   ◆1◆ アルバム『魂 〜出逢いの中で〜』 
.

   ◆2◆ アルバム『愛・ありがとう』
.

吉幾三、アルバム『魂 〜出逢いの中で〜』 2008年11月5日発売 (TKCA-73376)
   「あいつのブルース」  作詞:吉幾三、 作曲:吉幾三、 編曲:矢野立美

 

 

 

 長山洋子 ★ 東風春来 ★
.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.
【せせらぎ】

 このCD、まず目を引くのがジャケット写真。
抜群にカッコいいですね。長山さんは美人だから、素のままでも
絵になるけれど、長い後ろ髪が風で舞っているところが最高。
黒髪に朱のエクステと背景というのも鮮烈。 思わずジャケ買い
したくなりますよね。 ブックレット内の写真も豪華です。

長山さん、透明感のある声が魅力。自然な歌い方が心地良いです。
「心の風を入れ換えましょう 優しく誰かを愛せるように」の
ふわっとした歌声もいいですね。 作曲は円広志さんですが、
「せせらぎを聴きながら」のメロディに惹かれます。

イントロ冒頭はリズムだけなのだけれど、様々な音色が重なり合って
立体感のある造り。凝ってますね。じっくり聴くと実に面白いです。
イントロのギターが冴えてます。表情豊かでまるで生きているみたい。
さらに、間奏のストリングス・メロがもうホントにホントに素敵!!
ここでのギターの入れ方も絶妙で最高に泣かせます。
「せせらぎを聴きながら」のストリングスも印象的。
「ルルルー」パート、ストリングスのハーモニーが綺麗ですね。

    ………………………………………………………………

 新譜購入を機に、「If We Hold On Together」も聴きましたが、
これ、何度聴いても感動の涙。 「この歌を聴かせたい」
取り上げてますので、よかったら読んでみてくださいね。 
元々ポップス好きなので、是非またこういう歌を出してほしいです。

矢野作品以外で気に入ったのは、収録順に「望郷ひとり泣き」
「じょんから女節」「七人の侍」「旬」「SAKURA色」。
とても素敵なアルバムですので是非聴いてくださいね。

    ………………………………………………………………

【長山洋子関連コメント一覧】

   ◆1◆ シングル『If We Hold On Together』
.
   
◆2◆ アルバム『東風春来』
.
   ◆3◆ シングル『せせらぎ』
.
   ◆4◆ シングル『ほっとしてください』
.

                           (08.11.29)

長山洋子、CDアルバム『東風春来』 2008年7月23日発売 (VICL-62873)
   「せせらぎ」   作詞:ありそのみ、  作曲:円広志、  編曲:矢野立美

 

 

 

 北原ミレイ ★ ベネチアの雪 ★
.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.
【ベネチアの雪】

 翳りを帯びたヴォーカルが魅力。
「年を重ねた大人の味わい」とでもいうのかしら。
不思議なオーラが漂っていて、聴くものを
「ミレイの世界」に引き込まずにはおかないですね。
川井みらさんの詞、樋口義高さんの曲も素敵です。
「寒さをくれるばかりよ」のメロディが感動的。
「幾千粒の涙のように 雪は何処へ消え去るの」
ロマンティックな歌詞ですねー。

アレンジも、とても心地良いですね。
歌パートのバックに一貫して流れてるのはシンセ?
静かだけれど、燦めくような音色が心を捉えますね。
これって、舞い散る雪をイメージしたものかも。
「雨に色褪せて」のクラシックギターも効果的です。
歌終盤「胸に浮かんできます」直後のストリングスも抜群。
ここからラストに向けて、ドラマティックな演出が印象的。
間奏やコーダのギター、泣かせるメロディがいいですね。
そして、コーダの終わり方、めちゃくちゃ好きです!!

    ………………………………………………………………

【追憶】

 この曲もやはり大人のテイスト。ミレイさん素敵です。
サビの部分には、どこか優雅な雰囲気もありますね。
特に「愛しい日々」のパートがお気に入り。
イントロも間奏、ダイナミックですね。
力強いストリングスで、メロディも素晴らしいです。
ラストパート、胸に迫るものがありますね。

.
                           (08.11.7)

    ………………………………………………………………

【北原ミレイ関連コメント一覧】

   ◆1◆ シングル『ベネチアの雪』
.
   
◆2◆ 『ベネチアの雪』PVの感想 
.
   ◆3◆ シングル『ショパンの雨音』
.
   ◆4◆ 『ショパンの雨音』TV鑑賞記
.
   
◆5◆ シングル『マゼンダの黄昏に』
.

北原ミレイ、マキシシングル『ベネチアの雪』 2008年11月5日発売 (TKCA-90305)
   「ベネチアの雪」  作詞:川井みら、 作曲:樋口義高、 編曲:矢野立美
   「追憶」      作詞:和咏子、  作曲:南郷孝、  編曲:矢野立美
     ● カラオケ付き ●

 

 

 

 

(20)へ ← 新譜紹介 → (18)へ

 

新譜紹介作品一覧に戻る

 

ホームページに戻る