新譜紹介(22)

 

 

 花岡優平 ★ アルバム「寄り道」 ★

 

.

 
amazonで試聴可能

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.
【永遠の恋人】

 確かな大人の世界。 エレガントで、気品の漂う歌ですね。
一人静かに、グラスを傾けながら聴きたい雰囲気です。
「愛を止めるなら」の優雅なメロディ・ラインも魅力だし、
何より、「愛しいままで 恋人よ」の旋律が実に素晴らしい。
作曲家としての優平さんの才能も際立っていますが、
歌手、優平さんのお声も、すごく味わいがあっていいですね。
「今日から貴方は歳さえとらず」という歌詞も好きです。

アレンジの主役は、フリューゲルホーン。
どこかクールで都会的だけれど、優しさや切なさも
混ざり合った深い音色が、心の中に溶け込んでいきます。
ひとつの言葉だけでは表現しきれないような、複雑な人生を
物語っているサウンド。 菅坡さんの演奏にひたすら感動です。
「愛しいままで 恋人よ」のギターとフリューゲルホーン、
入れ方のタイミングが絶妙すぎて、泣けるほどですね。

いつにも増してキラキラと輝くイントロのシンセ、
心を捉える間奏のギター、余韻たっぷりなコーダの
フリューゲルホーン、どれも素敵で思わず引き込まれます。

カラオケも収録されていて、本当にシアワセです。
これまで、「シングルではない」ために、カラオケが聴けず、
無念の涙をのんだ曲がいかに多かったことか。
アルバムを聴いていると、「せめてこの一曲だけでいいから、
絶対カラオケがほしい」と思う歌が必ずあるものです。
これは、まさしくそういう歌で、私の想いにジャストミートして
しまったから、余計に嬉しい。 本当に感激の涙です。

    ………………………………………………………………

【恋ごころ】

 切なく美しい歌ですね。 素敵なメロディが心に響きます。
「柔らかな日差し」に「恋ごころ」を重ねた歌詞がいいですね。
ピアノの優しさが、切ない想いをそっと包み込んでくれるよう。
「瞳さえ乱せれば」をドラマティックに彩るバイオリンが印象的。
歌詞は、紛れもない「80年代フォークソング」ですが、歌声は
年輪を感じさせるものがあり、そこがまた魅力的ですね。

    ………………………………………………………………

 このアルバム、参加ミュージシャンが掲載されているうえ、
「恋ごころ」、「愛が熟すまで」、「落葉のリフレイン」、
「永遠の恋人」、「寄り道」の5曲のカラオケが収録されていて、
ホントに最高!!  今後、こういうスタイルのアルバムが
増えていくことを、心から願っています。
.
 ▼永遠の恋人▼
   Flugelhorn: 菅坡雅彦
   Guitars: 安田裕美、大久保明
   Piano: 山田秀俊
   Drums: 伊藤史郎
   Bass: 長岡道夫
   L.Percussion: 鳴島英治
   Synth.Manipulator: 中山信彦
 ▼恋ごころ▼
   Violin: 佐藤のゆり
   Guitars: 安田裕美、大久保明
   Piano: 山田秀俊
   Drums: 伊藤史郎
   Bass: 渡辺直樹
   L.Percussion:鳴島英治
   Synth.Manipulator: 中山信彦


◆◆ 矢野作品コーナーですので、上記2曲のみ紹介していますが、
どの曲もほんとうに素晴らしく、是非お勧めしたいアルバムです。 
上記以外で特に印象的だと思った曲を、収録順に書いておきますね。
「ヨコハマ」、渋いですね。 優平さんらしいメロディが良いです。
「ミルク色の朝」は、お洒落感覚が素敵。 「愛が熟すまで」の
大人の雰囲気も好き。 ちょっと軽めな「眠れぬ夜には」は
アルバムの中で良いアクセントになっています。 
「寄り道」は、締めくくりに相応しい綺麗な曲ですね。

    ………………………………………………………………

【花岡優平関連コメント一覧】

   ◆◇◆ こちらのリストからどうぞ
.
 
                          (09.12.5)

花岡優平、CDアルバム『寄り道』 2009年11月26日発売 (KICX-754) 
   「永遠の恋人」  作詩:上田紅葉、 作曲:花岡優平、 編曲:矢野立美
   「恋ごころ」   作詩:花岡優平、 作曲:花岡優平、 編曲:矢野立美
     ● カラオケ付き ●

 

 

 

 侍戦隊シンケンジャー ★ 究極 サムライハオー 降臨! ★
.
.

  「究極サムライハオー」、歌の感想をアップしました。(10.11.7)
 → こっちに来てね、こっち。 (*^o^*)

  「シンケンジャー」の音楽に関しては、ブログでも盛り上がってます。(笑)
.
.
.

「究極 サムライハオー 降臨!」の収録CD
インストゥルメンタル 歌入り オリジナル・カラオケ

..

.amazonで試聴可能.

..

.amazonで試聴可能.

..

.amazonで試聴可能.

CDアルバム『侍戦隊シンケンジャー オリジナル・サウンドトラック 秘伝音盤 第四及五幕 侍戦隊 心得の条』 2009年11月18日発売 (COCX-35799〜800)  CDアルバム『侍戦隊シンケンジャー 全曲集(完)秘伝音盤 歌の天下統一』 2010年2月10日発売 (COCX-36025〜26) CDアルバム『帰ってきた 侍戦隊シンケンジャー 特別幕 秘伝音盤 特別幕』 2010年4月28日発売 (COCX-36139)

 

 

 

 奈央 ★ 悲しい約束 ★

.

   
.
【悲しい約束】

 デビュー曲だそうですが、初めて耳にする声というのは、
やはり新鮮感があっていいですね。 ちょっと涼し気で、
素直に受け入れられるヴォイス。 心地よい響きが魅力です。
特に、「約束したのに」の余韻のある歌い方が好き。
歌の第一パート、大谷さんのメロディがすごく素敵ですね。

間奏のピアノのメロディ、抜群にいいですねー。
いつまでも聴き続けていたい ♪ 「言わないで 言わないで」
のふわっと入るストリングスもすごく綺麗ですね。
男性コーラスの 控え目な入れ方に優しさを感じます。
コーダで高まるストリングスも印象的。
イントロのやや軽めのピアノもいいですね。

    ………………………………………………………………

【1/2の哀歌】

 奈央さんの声の雰囲気にすごく合ってる歌。
歌詞もメロディも歯切れが良くて、爽快感があります。
豪快なサックスがいいですね。 間奏はノリノリ。
歌を生かすアレンジで、すごくカッコいいですね。

.
                           (09.11.22)

奈央、マキシシングル『悲しい約束』 2009年11月18日発売 (COCA-16299)
   「悲しい約束」  作詞:荒木とよひさ、 作曲:大谷明裕、 編曲:矢野立美
   「1/2の哀歌」  作詞:荒木とよひさ、 作曲:大谷明裕、 編曲:矢野立美
     ● カラオケ付き ●

 

 

 

 北原ミレイ ★ ショパンの雨音 ★
.

 
amazonで試聴可能

 

 

 

 

 

.
【ショパンの雨音】

 切なくも感動的な歌ですね。
ダイナミック、かつ深みのあるミレイさんの歌声が素晴らしい。
特に、「ふたりのおもいでなら置いていっていいから」、
「涙ばかりをかき立てる」、「背中向けて」の歌い方は
情感たっぷり。 さすがミレイさんという歌唱ですね。
樋口さんのメロディは第一パートが特にお気に入り。
静かだけれど、説得力があって、思わず引き込まれます。

このイントロ、ドラマティックで凄いですね。
第一音からして印象的だし、それに続くピアノも
短く入るストリングスも、一度聴いたら忘れられないほど。
それに、笛の音のようなシンセ音がとても魅力的。
イントロから歌冒頭への一連の流れは本当に最高ですね。
「ここから見送るわ」のストリングスの盛り上がりもすごいし、
2度目の間奏のストリングスも心に残ります。
素晴らしいアレンジで、カラオケを聴いてるだけでも涙出ますね。

    ………………………………………………………………

【愛のエトランゼ】

 悲恋の歌だけれど、メロディは心地よい雰囲気ですね。
「抱きしめても一度」パートは、メロもヴォーカルも素敵。
イントロとコーダのエレキギターは私好みの渋さ。

ジャケ写真はフェミニンでどれも素敵。ミレイさん、輝いてます。 
大きなポスターにでもして部屋に飾っておきたいですね。
.
                          (09.11.5)

    ………………………………………………………………

【北原ミレイ関連コメント一覧】

   ◆1◆ シングル『ベネチアの雪』
.
   
◆2◆ 『ベネチアの雪』PVの感想 
.
   ◆3◆ シングル『ショパンの雨音』
.
   ◆4◆ 『ショパンの雨音』TV鑑賞記

.
   
◆5◆ シングル『マゼンダの黄昏に』
.

北原ミレイ、マキシシングル『ショパンの雨音』 2009年11月4日発売 (TKCA-90354)
   「ショパンの雨音」  作詞:たきのえいじ、 作曲:樋口義高、 編曲:矢野立美
   「愛のエトランゼ」  作詞:たきのえいじ、 作曲:樋口義高、 編曲:矢野立美
     ● カラオケ付き ●

 

 

 

 五木ひろし ★ 江戸の夕映え ★

.

   
amazonで試聴可能

 

.
【浅き夢みし〜浄瑠璃「明烏」より】

 五木さんの歌声の魅力を巧く引き出した歌。
特に冒頭の低音とサビの高音が素敵です。
宇崎さんのメロディも五木節を最大限に尊重してますね。

都々逸の詩も面白い。 思わず納得しちゃいました。
しっかり虫の声まで入ってるし。 (=^-^=)
その後の間奏、エレキギターが効いてて、凄くカッコいい。
このギター、イントロやコーダでも登場しますが、
メロディそのものがいいですね。 三味線も粋。

    ………………………………………………………………

【大江戸瓦版】

 きゃ〜ん、何、この音!! このノリの良さ!! 
「さて安政二年は」以後のベースみたいなサウンド、ホントに最高!!
矢野パワー全開だぁ!!  これ、幾多の矢野マジックのうちの1つ。
「登場の瞬間を思わず待ち構えてしまう音」ってよくあるんですよね。
思いきりハマる仕掛けを曲に潜ませる得意技。 いや、ワナかも。(笑)
このサウンドに捕まったら、もう逃げられません。(笑) 

江戸のテーマにロックテイストがプラスされてる点も抜群。
ユニークなアレンジで、様々な音が投入されてるのに、
安定感もあり、全体的に見事な纏まりを見せている。さすが矢野さん!
いつか是非、この歌のカラオケをCDに収録してほしいですね。

作曲が三木たかしさんというのはちょっと意外。でもいいメロディ。
五木さんもノリノリで歌ってますね。 歌詞も面白い。
時代劇のワンシーンとして、瓦版屋に扮した五木さんが、
実際にこれを歌ったら決まるかもね。 見てみたいなぁ

.
                           (09.10.12)

五木ひろし、CDアルバム『江戸の夕映え』 2009年2月25日発売 (FKCX-5040)
   「浅き夢みし」  作詞:石原信一、  作曲:宇崎竜童、  編曲:矢野立美
   「大江戸瓦版」  作詞:水木れいじ、 作曲:三木たかし、 編曲:矢野立美

 

 

 

 

(23)へ ← 新譜紹介 → (21)へ

 

新譜紹介作品一覧に戻る

 

ホームページに戻る