新譜紹介(23)

 

 

 八代亜紀 ★ 人生の贈り物 ★
.

 
amazonで試聴可能

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.
【友】

 まるで童話の挿絵みたいな、心安らぐ歌ですね。
鈴木淳さんのメロディ、ふんわりしていてとっても素敵です。
悠木圭子の歌詞は、懐かしさの中にも幸せ感たっぷり。
この詞と曲、息がぴったり合っていて、本当にいいですね。
歌声も限りなく優しいですが、こんな八代さんもまた魅力的。

様々な笛の音が楽しい、綺麗なアレンジですね。
「ザリガニを見つけた」のところは、お花畑をひらひら
飛んでる蝶々みたいな可愛いストリングス。
矢野さんは、楽器で絵を描くこともできるんですね。
「風もはしゃいで」の燦めきシンセもいいです。
最初の間奏、なんて温かく穏やかなのだろうって思います。
全体に透明感があって輪郭のくっきりしたストリングスですね。

    ………………………………………………………………

【夢の約束】

 ちょっと気の強い女性が主人公のカッコいい歌。 
いかにも八代さんらしいコブシの効いた歌い方がいいですね。

曲のテーマに合った歯切れのよいアレンジですね。 
ブラスとストリングスのコンビネーションがいいです。
ピアノ音に似た合いの手シンセも耳に残ります。

    ……………………………………………………………

【人生の贈りもの】

 派手な歌ではないけれど、魂の奥深くを揺さぶり、
静かな感動を呼ぶ、そんな楽曲。「出逢い」を感じる歌です。

八代さんのハスキーボイスには、包容力と説得力がありますね。
優しい語り口で、ひとつの物語を紡ぎだしていき、
いつの間にか、聴くものの心をしっかりと捕まえてしまう。
不思議な人です。 ほんとうに不思議なひと……

歌詞がまたいいんですよね。 吉元由美さんの選ぶ言葉は、
すう〜っと心に馴染む感じで、とても居心地が良いです。
メロディも格別で、初めて聴いた瞬間に一目惚れでした。
特に前半のメロディが良過ぎ!! 思わず涙がこぼれますね〜。
この曲で、一気に都志見隆さんへの注目度がアップしました。

矢野さんの優しさ溢れるアレンジにも心動かされます。
歌の第一パート、オーボエを入れるタイミングが良いだけでなく、
オーボエの吹くメロディそのものも抜群ですね。
次のパートでは同じメロディでも、ピアノとストリングス主体。
しかも、「生きてみなくては」で、ダイナミックに開花する
ストリングス。 アレンジもドラマになっている点が凄いです。
イントロ一番最後の音、18秒目くらいに一瞬入ってくる
「ポロロン」という柔らかい音色も印象的ですね。

そして、歌前半部のインストになっている2番目の間奏、
これを聴いたときは、あまりの素晴らしさに絶句しました。
高低ストリングスの使い方、高低の距離感が絶妙なんです。
しかも低音弦が奏でるメロディは優しく穏やかで、この
豊かに広がるサウンドに身を任せていると、何もかも忘れて、
ただただ幸せな気分に浸ることができます。
それだけでなく、間奏の中ほどのピアノも最高にいい。
よくぞここに入れてくださいました、って感じですよね。
「楽器を肌で感じたい」、「矢野マジックに魅了されたい」
そんなインスト好きの私にはたまらない「待ってた作品」、
まさに、歌の感動を最大限に高めるアレンジですね。

1月19日には、この歌がシングルカットされるんですよね。
ボーカルは新録で、試聴したところ、より優しさが強調された
歌になっているようなので、ほんとうに楽しみです。
 
※ シングル発売後の感想はこちらです ← 11.1.22追記)

発売時、感動のあまり、思わずブログを書いてしまいました。
よかったら行ってみてくださいね。

    ………………………………………………………………

 矢野作品コーナーですので、上記3曲のみの紹介ですが、
他の歌もみんな素敵。 八代さん、持ち前の豊かな表現力で、
様々なタイプの曲を歌いこなしている点はさすがですね。
多彩な顔の八代さんが楽しめる上質なアルバムです。

    ………………………………………………………………

【八代亜紀関連コメント一覧】

   ◆◇◆ こちらのリストからどうぞ
.
                           (11.1.10)

八代亜紀、CDアルバム『人生の贈り物』 2010年8月18日発売 (COCP-36333)
   「友」       作詞:悠木圭子、 作曲:鈴木淳、  編曲:矢野立美
   「夢の約束」    作詞:菅真貴子、 作曲:徳久広司、 編曲:矢野立美
   「人生の贈りもの」 作詞:吉元由美、 作曲:都志見隆、 編曲:矢野立美

 

 

 

 美月はるか ★ 麻布十番 ★

 

.

 
amazonで試聴可能

 

.
 前作「離陸前夜」は、USENリクエスト、演歌歌謡曲部門で
12位を記録するという健闘ぶりでしたが、今回の新譜は、
歌手の美月さんご自身が作詞にも挑戦された意欲作。
綺麗な歌詞で、特に「夢が流れて」という言葉が素敵です。
曲調は親しみやすく、カラオケでも歌いやすそうですね。

熟女ということばが相応しい魅力たっぷりのジャケ。
いちだんと輝きを増した美月さんの笑顔に心惹かれます。
ちょっと宝塚スターみたいな雰囲気もありますね。
美月さんの二重瞼の大きな目が大好きです。

燦めきサウンドから入るイントロは、とても心地良い響き。
シンセによるストリングス、メロディの流れがいいですね。
要所要所の合いの手が、良いアクセントになってます。

    ………………………………………………………………

【美月はるか関連コメント一覧】

   ◆1◆ シングル『離陸前夜』 
.
   ◆2◆ シングル『麻布十番』

.
   
◆3◆ シングル『愛じゃなくても…』
.

                           (11.1.10)

美月はるか、マキシシングル『麻布十番』 2010年8月4日発売 (YZXL-15025)
   「麻布十番」   作詩:美月はるか、 作曲:島麗二、 編曲:矢野立美
     ● カラオケ付き ●

 

 

 

 天童よしみ ★ 16粒の愛の物語 ★

 

.

 
amazonで試聴可能

 

 

 

 

 

.
【風に吹かれて】

 落ち着いた雰囲気があって、すごくいい歌ですね。
少し抑え気味の天童さんの歌声も好印象です。
作曲は金田一郎さん、いつも良いメロディを書かれますよね。
一番好きなのは、「しみじみと来た道を」のパート。
曲がいいだけでなく、ギターもいい。 新鮮感のある音色。
さかたさんも大好きな方。 綺麗な歌詞ですね。

間奏がまた素晴らしい。エレキが歌うメロディに心奪われます。
サビを盛り上げるアレンジもさすがと言うほかないですね。
「しみじみと行く道を」直前の静かなキラリンも抜群。
曲の終わり方もめっちゃ綺麗です。

    ………………………………………………………………

【駄目と言わない女】

 泣きついてきた男を冷たくあしらうというユニークな歌。
まるで身の上話を聞かされてるような歌詞がふるってる。
「で、結末は?」と思ってたら、「泊まっていいわ 隣の部屋で」
…… だそうです。  う〜ん、そうきましたかと妙に納得。
作曲は矢野さんで、親しみやすい良いメロディですね。

爽やかな煌きシンセで始まるイントロも大好きです。
「どれだけ恋すりゃ」以降の優しさあふれるストリングス、
本当にメロディが綺麗で、うっとりしながら聴いてると、
サビではすごい盛り上がりを見せたりするんですよね。
ストリングスを追いかけるだけでも嬉しくなるような楽曲。

2番目の間奏メロディも最高。特に中盤のエレキがいい。
泣けるほどに良い旋律で、それ以後、ラストに向けての
更なる盛り上がりも素晴らしいですね。

このアルバム、2010年日本レコード大賞「企画賞」に輝きました。
.
                           (11.1.10)

天童よしみ、CDアルバム『16粒の愛の物語』 2010年6月23日発売 (TECE-28914)
   「風に吹かれて」    作詞:さかたかずこ、 作曲:金田一郎、 編曲:矢野立美
   「駄目と言わない女」  作詞:ちあき哲也、  作曲:矢野立美、 編曲:矢野立美

 

 

 

 あさみちゆき ★ あさみのうた VI ★
.

 
amazonで試聴可能

 

 

 

 

 

 

.
【夜桜蝶々】

 ひたすらカッコ良さを追求した曲。
ちゆきさんの魅力が巧く引き出された歌です。
「夜桜蝶々」というタイトルも素敵。
サビのメロディは、さすが杉本さんという感じ。
田久保さんの、歯切れのよい歌詞もいいですね。

ブラスとストリングスが効いた個性的なアレンジ。
エレキギターも面白いですね。 煌きサウンドも抜群。
「夜桜蝶々」のコーラス、いいですね〜。(=^-^=)
ここのストリングスもクリアな音で素晴らしい。

    ………………………………………………………………

【泣かせ屋】

 これも、ちゆきさんにぴったりの歌
作詞、作曲、編曲にも豊かな個性が感じられます。
「泣かせ屋」というアイディア自体も面白いですね。
ラスト、「ここは泣かせ屋」への橋渡しとなる
アレンジも光ってますし、少しメロディを違えて
歌っているちゆきさんのボーカルも良いですね。

    ………………………………………………………………

【あさみちゆき関連コメント一覧】

   ◆◇◆ こちらのリストからどうぞ
.

                           (11.1.10)

あさみちゆき、CDアルバム『あさみのうたVI』 2010年6月23日発売 (TECE-25916)
   「夜桜蝶々」   作詞:田久保真見、 作曲:杉本眞人、編曲:矢野立美
   「泣かせ屋」   作詞:田久保真見、 作曲:杉本眞人、編曲:矢野立美

 

 

 

 チェウニ ★ ガラスの東京タワー ★

 

.

 
amazonで試聴可能

 

 

 

 

 

 

 

.
【ガラスの東京タワー】

 切なく美しい歌ですが、やはりチェウニ・ヴォイスは特別。
ほんとうに何とも言えない魅力がありますよね。
今回は、ちょっと甘えたような歌い方で、耳に残りますね。
網倉さんの「おねがいよ 東京タワー」のメロディも光ってます。
作詞はお馴染みの夏海裕子さんですが、言葉そのものが綺麗。
イルミネーションが輝くクリスマスの季節にぴったりな歌ですね。

アレンジで一番印象的だったのは、「あのひとは どこにいるの」
直後のキュルルンというストリングス。 編曲的に良いだけでなく、
この部分は、音がとても綺麗に出てますね。
「おねがいよ 東京タワー あのひとに 伝えてほしい 揺れないで
東京タワー」のパート、全体のストリングスの流れがすごく魅力的。
「東京タワー」でコーラスが入るのもトキメキ感があっていいです。
もちろん、イントロも、煌きサウンドも素敵。 
全体にロマンティックな雰囲気があっていいですね。

    ………………………………………………………………

【おいしい関係II】

 チェウニと杉本さんとのデュエット、いい感じですねー。
杉本さんの「愛してごめんよ」が大好きなのですが、
何となく、この歌の世界に近い杉本さんの歌声が嬉しいですね。

イントロ、次第に盛り上がっていくストリングスが感動的。
「東京が踊る 淋しい時間は」、ストリングスのメロディが綺麗で、
「さすが矢野さん!」 と思わせるものがありますね。
「一秒もいらない」の歯切れの良さも魅力。 「このまま」以後、
短く入るストリングスや、「ルルル」直後の揺れる感じもいい。
コーダでのストリングスの入れ方も素敵ですね。

    ………………………………………………………………

【チェウニ関連コメント一覧】

   ◆◇◆ こちらのリストからどうぞ
.
                           (09.12.23)

チェウニ、マキシシングル『ガラスの東京タワー』 2009年12月16日発売 (TECE-12209) 
   「ガラスの東京タワー」  作詩:夏海裕子、 作曲:網倉一也、 編曲:矢野立美
   「おいしい関係II」  作詩:朝比奈京子、 作曲:杉本眞人
              編曲:すぎもとバンド、 ストリングスアレンジ:矢野立美
     ● カラオケ付き ●

 

 

 

 

(24)へ ← 新譜紹介 → (22)へ

 

新譜紹介作品一覧に戻る

 

ホームページに戻る