新譜紹介(17)

 

 

 浅田あつこ ★ 古都の雪 ★
.

 
amazonで試聴可能

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.
 すごい!! すごすぎ!!
「雪が降る、雪が降る」…… あまりに鮮烈で、
曲が終わった後も、魂だけが吹雪の中を彷徨ってる感じ。
最初、私好みの美人で、ジャケも素敵だなぁと思ったのですが、
歌に圧倒されて、世俗的感情は吹き飛んでしまいました。(笑)

秋浩二さんと矢野さんとのコラボ作品の中では最高傑作!!
恋人への思いの深さが切ないほどに伝わってくる歌詞ですが、
乱れる女心を表現した浅田さんの歌唱も見事ですね。
切々とした歌声が胸に迫る感じ。 泣けます!!

「心の区切りが つかないままに 行きつつ戻りつ」って、
これだけでも絵になるような歌詞で、素敵です。
そして、「雪が降る 雪が降る 白い雪が あの人を
あの人を 呼ぶように」は最高にドラマティックですね。

    ………………………………………………………………

 アレンジがまた素晴らしいです。
特に「雪が降る」パートのストリングスは大絶賛!!
雪が舞い乱れる様子が瞼に浮かんでくるようなストリングス。
ちょっと、これまでにないパターンで、メインの
ストリングス・メロディが凄く印象的。 それだけでなく、
バック・ストリングスが、すごい引き立て役になってます。
思いが溢れて押し寄せてくるように感じられるストリングス。
「これこそメロディが映えるアレンジだ!」と言えますね。

矢野さんは、映像音楽もたくさん手がけていらっしゃいますが、
インストで培ったあのパワーを歌謡曲の世界に持ち込んだ
という感じで、すごく気合の入ったアレンジ。
完璧に「ハートは釘付け」状態です。(*^o^*)

イントロやコーダのエレキ&ストリングスも感動的。
それに続く笛の音(シンセ?)がまたいいんですよね。

徳間ジャパンのHPで試聴できますので、聴いてみてくださいね。

    ………………………………………………………………

【浅田あつこ関連コメント一覧】

   ◆◇◆ こちらのリストからどうぞ
.
                           (08.8.12)
.

浅田あつこ、マキシシングル『古都の雪』 2008年8月6日発売 (TKCA-90287)
   「古都の雪」  作詞:秋浩二、 作曲:秋浩二、 編曲:矢野立美
     ● カラオケ付き ●

 

 

 

 秋元順子 ★ セカンド・ストーリー ★
.

 
amazonで試聴可能

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.
 期待のアルバム漸く聴くことができました。一番嬉しかったのは、
全体の雰囲気が、限りなく昔のポップスに近いこと。
しかも様々なジャンルの歌が入ってて、とても楽しめる一枚ですね。

    ………………………………………………………………

【夕なぎ 〜私の時間〜】

 アルバムで一番のお気に入り。お洒落で心地よい歌ですね。
ややハスキーで低めの秋元さんの歌声も素敵。
黄昏色の歌詞も、さり気ないメロディも、とてもいい感じです。
間奏やコーダのクラシック(?)ギターが、泣けて、泣けて!!
他もいいですが、これだけで「イチコロ」(笑) もう最高です!!
まさに、「シンプル・ビューティー」ですね。

    ………………………………………………………………

【フレーズ】

 昔懐かしい香りがするフォークソングですね。
「大人の恋は」パートのアコーディオンが印象的。
冒頭の歌詞「あなたの指先遠く なってゆく…」がいいですね。

    ………………………………………………………………

【愛しき旅路】

 石森さんの歌詞、キラリと光ってますね。
風景画みたいな歌詞を書かれる方ですが、何て素敵なのかしら。
温かい愛がたくさん詰まった歌ですね。
こういう世界、憧れてしまいます。(=^-^=)
パステルカラーで、ふわっと優しいイントロが好き。
花岡さんのメロディもすごくいいですねー。
間奏、ちょっと楽し気な雰囲気が気に入ってます。
余韻たっぷりのコーダがまた、すご〜くステキです!!

    ………………………………………………………………

【エデンの園で逢いましょう】

 イントロのピアノ、メチャクチャかっこいいです!!
管楽器系もインパクト抜群で素晴らしいですが、
その間を縫うようにして自己主張してるピアノがまた魅力。
コーラス、花岡優平さんなのですね。懐かしくて、
思わず、「音つばめ」の歌を聴いてしまいました。(^^)
ホント名曲ですよ〜。 でも、CD化されてるのかしら?

    ………………………………………………………………

 このアルバム、嬉しいことに、しっかり参加ミュージシャンが
載ってたりするので、上記4曲分だけですが書いておきますね。
.
▼夕なぎ 〜私の時間〜
 Guitars: 高島政晴、塚田剛
 Piano: 山田秀俊
 Bass: 長岡道夫
 L.Percussion: 鳴島英治
▼愛しき旅路▼
 Ukulele: 松宮幹彦
 Guitars: 高島政晴、塚田剛
 Piano: 山田秀俊
 Drums: 渡嘉敷祐一
 Bass: 長岡道夫
 L.Percussion: 鳴島英治
▼フレーズ▼
 Accordion: 水野弘文
 Guitars: 高島政晴、塚田剛
 Piano: 山田秀俊
 Drums: 渡嘉敷祐一
 Bass: 長岡道夫
 L.Percussion: 鳴島英治
▼エデンの園で逢いましょう▼
 Trumpet: 菅坡雅彦
 Trombone: 広原正典
 Saxophone: 平原まこと
 Guitars: 高島政晴、塚田剛
 Piano: 山田秀俊
 Drums: 渡嘉敷祐一
 Bass: 長岡道夫
 L.Percussion: 鳴島英治
 Chorus: 花岡優平

◆◆矢野作品以外では、「愛のままで…」と「忘れもの」が好き。
「JAZZYな夜に」は秋元さんの声に合ってて、居心地良い感じ。
「ひだまり」はユニークな点がお気に入りです。

    ………………………………………………………………

【秋元順子関連コメント一覧】

   ◆◇◆ こちらのリストからどうぞ
.

                           (08.8.6)

秋元順子、CDアルバム『セカンド・ストーリー』 2008年8月6日発売 (KICX-723)
   「夕なぎ 〜私の時間〜」    作詩:ちあき哲也、 作曲:花岡優平、 編曲:矢野立美
   「フレーズ」         作詩:花岡美奈子、 作曲:花岡優平、 編曲:矢野立美
   「愛しき旅路」        作詩:石森ひろゆき、作曲:花岡優平、 編曲:矢野立美
   「エデンの園で逢いましょう」 作詩:上田紅葉、  作曲:花岡優平、 編曲:矢野立美

 

 

 

 

 神園さやか ★ 約束 ★
.

 
amazonで試聴可能

 

.
 清純な乙女という雰囲気のさやかちゃん。
林を背景にミニのワンピースで佇む姿がとても愛らしい。
歌とともに、木々の緑の清々しい香りが伝わってきそう。
ちょっと切ない歌声で、
写真のイメージより大人っぽいかも
「胸にささります」パート、「ますぅ」の発音がチャーミング。
歌詞の内容も「少女そのもの」。 最近、こんな純情な子は
少なくなっているのでは? アイドル歌謡路線というのも
今や希少価値があるし、却って新鮮に響きますね。

花岡優平さんのセンチメンタルなメロディも素敵ですね
特に「もうすこし もすこし待って」という終わり方が抜群。
初恋の切ない想いが、最後の一節で一気に倍増する感じ。
「はじめての出逢い」パートの展開もすごくいいですね

    ………………………………………………………………

 ここで、カラオケ鑑賞タイム。(=^-^=)
まずは歯切れのよいイントロが魅力。冒頭はインパクトあるし、
イントロ後半は、交互に顔を出すシンセとストリングスが面白い。
歌の可愛らしさを巧みに引き出すイントロですね。
「はじめての出逢い」のストリングスがメチャ綺麗で感動的。
こういう瞬間に出逢いたくて、いつも矢野サウンドを
追いかけているんだろうなぁ、私……

最初の間奏の切替もいい。その後、再びイントロに似た音が
出てきますが、少しパターンが違いますね。
二度目の間奏はどこか優雅。 ここで気分転換をはかりつつ、
ラストパートの「はじめての出逢い」をドラマティックに
盛り上げている点が見事ですね。

.
                           (08.4.10)

神園さやか、マキシシングル『約束』 2008年4月9日発売 (CRCN-1351)
   「約束」  作詞:丹古晴已、 作曲:花岡優平、 編曲:矢野立美
     ● カラオケ付き ●

 

 

 

 北川大介 ★ 横浜ルージュ ★
.

 
amazonで試聴可能

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.
【横浜ルージュ】

 おお、イントロからインパクト抜群!!
すごくカッコいい歌。このノリ、この心地良さは最高。
さすが、平尾作曲と矢野編曲の相乗効果はすごいですね。
歌の魔法にかかって、リピートが止まらない。
「横浜ルージュ」というタイトルもいいですよね。
歌詞のほうは「ルージュ横浜」と逆転してる点が面白い。
それに「かもめに恋した女」という歌詞もキャッチー。

北川大介さんのヴォーカルは、男っぽくて低音が魅力。
だけど、ジャケの表情は結構可愛かったりして、
このギャップがいいですねー。 笑顔がめちゃ素敵〜ぃ。
明るいキャラだけど、すがすがしさも感じられますね。
「ヨッコハマァ」と、一瞬甘い歌声になるのもツボ。
え? 37歳? そうは見えない。それにどこか初々しい。
今度、テレビもチェックしてみなくちゃね。(笑)

色鮮やかで個性的なイントロ。 歌に入る直前の
「ジャーン、ジャーン、ジャジャ」がまた決まってる。
ここから「かもめに〜」への流れ、気分が高揚しますね。
今回のアレンジの最大のポイントはリズム!!
親しみやすい歌謡曲ではあるけれど、リズムが新鮮。
時折入る高音のストリングスもこのリズムと相性抜群。
間奏ラスト、抑制の効いたストリングスにも惹かれます。
「沈んだしあわせ」パートの煌めき音が印象的。
合いの手も多種多様で、聴いているだけで楽しい。
思い切りよくスパッと終わるコーダもいいですね。

    ………………………………………………………………

【おもかげ港町】

 C/Wは落ち着いた雰囲気の恋唄。
相変わらず北川さんの低音が冴えてますね。
歌前半に頻出する超低音がとても心に響きます。
「酒に浮かべるおもかげが」は絵になる歌詞ですね。

出た〜!! キラキラ・サウンドだ〜!!
イントロ最後と歌冒頭、違う種類の煌めきサウンドですが、
久々に輝きの音がたっぷり聴けて嬉しいです。
間奏のサックスは、メロディが抜群ですね。
歌2番は、煌めきサウンドと低音ストリングスの
コンビネーションがユニーク。

※4月2日追記… PV、観ました! お初にお目にかかった映像、
ブログに感想を書きましたので、このリンク先に行ってみてね。

    ………………………………………………………………

【北川大介関連コメント一覧】

   ◆1◆ シングル『横浜ルージュ』
.
   ◆2◆ シングル『黄昏のむこう側』
.
                           (08.3.6)

北川大介、マキシシングル『横浜ルージュ』 2008年3月5日発売 (CRCN-1345)
   「横浜ルージュ」 作詩:保岡直樹/補作詩:荒木とよひさ、 作曲:平尾昌晃、 編曲:矢野立美
   「おもかげ港町」 作詩:麓霧子 /補作詩:荒木とよひさ、 作曲:平尾昌晃、 編曲:矢野立美
     ● カラオケ付き ●

 

 

 

 半田浩二 ★ 無頼に生きて ★
.

 
amazonで試聴可能

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.
【無頼に生きて】

 カッコ良さと、切なさが絶妙にミックスされた歌で、
胸にぐっときますね。 半田浩二さんの声もステキです!!
ややクールな歌声がこのメロディにぴったり。
どこか寂しげな表情が女心を捉えるのでは? 
こういう雰囲気に弱い人、結構いそうな気がします。

作曲は、お馴染みの杉本眞人さんですが、今回も冴えてますね。
どのパートも、全体を通して、耳に残るメロディの連続です。
一人の女性にめぐり逢って人生が変わったという歌詞。
女の人って、「好きな人についていきたい」と思う一方、
「支えてあげたい」願望もあったりするけれど、
この歌の女性はきっと姉さん女房タイプなのでしょうね。

アレンジも、どちらかというと男っぽいハード路線。
エレキを効かせて、パンチのある楽曲に仕上がってます。
間奏のエレキは、ノリも良くてカッコいいですね。
イントロ、他、随所にベビーなサウンドが加えられているけれど、
ふと気が付くと、結構心地よく歌に流されていたりして……
ここでも「矢野マジック」を感じてしまいますね。

テイチク・ホームページのPVも魅力たっぷりです。

    ………………………………………………………………

【人生のいちばんいい時を】

 半田さんの歌で、こんな可憐なバラードが聴けるとは
思ってもみませんでしたから、これはかなりのサプライズ!
すごく綺麗なメロディですね。 作曲は、臼井義典さんですが、
もしかして矢野さんとは初コンビかしら?
すっかり気に入ってしまいました。 「この街で」とか
「ときめくの」パートの音使いがとてもいいですね。

アレンジがまた抜群なんですよねー。 完全に一目惚れ!!
美しく繊細なイントロは、ちょっと変化球なメロディもいいし、
それに続く歌冒頭の柔らかなサウンドも温かい。 何の音かしら?

瑞々しく豊かな音色のストリングスがすてき〜(はあと)
特に「人生のいちばんいい時を この街であなたとくらしたの」
この舞い上がるようなストリングスは最高!! 涙ものですね。
全体にポップス感覚あふれるアレンジですが、そんな中、
クラシック・テイストのストリングスが、ひときわ輝いてます。
それに、「あせっちゃダメさ」のストリングスの愛らしいこと。
歌の途中から、バックに鈴の音が入ってくるのも素敵。
コーダも、すごく綺麗に纏まってますね。

    ………………………………………………………………

【半田浩二関連コメント一覧】

   ◆1◆ シングル『無頼に生きて』
.
   ◆2◆ シングル『旅ふたたび』
.
   ◆3◆ シングル『Tokyoうそつき倶楽部II』

.

 
                          (08.1.31)

半田浩二、マキシシングル『無頼に生きて』 2008年1月23日発売 (TECA-12123)
   「無頼に生きて」      作詞:中山大三郎、 作曲:杉本眞人、 編曲:矢野立美
   「人生のいちばんいい時を」 作詞:中山大三郎、 作曲:臼井義典、 編曲:矢野立美
     ● カラオケ付き ●

 

 

 

 

(18)へ ← 新譜紹介 → (16)へ

 

新譜紹介作品一覧に戻る

 

ホームページに戻る