新譜紹介(13)

 

 

 秋かおり ★ 大阪えれじい ★
. .
【大阪えれじい】

男女の哀しい別れをテーマにした歌で、しっとりした雰囲気
でありながら、どこか親しみ易さも感じられる曲調です。
「♪大〜阪えれじい〜」と歌う秋かおりの声が
とても味わい深く、胸に迫りますね。
作曲は大谷明裕さんですが、このメロディ、気に入ってます。
氷川きよし「いつもみんなで手をつなごう」
「大谷−矢野」コンビでしたね。

アレンジ、いいですねー。 初回、全体を通して聞いただけで、
一瞬にして心に焼きついてしまった、きらびやかなストリングス。
何て新鮮な響き!!  初めて耳にするパターンです。
背景を彩るピアノ&ハープも効果的に使われていて、
『歌詞1番の "大阪えれじい" の合いの手』から、
『間奏』、『ラストの "大阪えれじい" 以後』にかけて、
サウンドが次第にバージョンアップしていく点が素晴らしい。
特にピアノの入れ方が良くて、ホント嬉しくなっちゃいますね。
さらに、間奏エレキギターのエフェクトも冴えてます。
いつもながら、音楽センスとバランス感覚が抜群の矢野さん。
改めて惚れ直してしまいますね。(=^-^=)

    ………………………………………………………………

【ふたりしずか】

カップリングは、ずいぶん長閑な歌ですね。
ちょっと昭和テイストの歌謡曲。

ありふれた夫婦の小さな幸せ模様が描かれています。

間奏のメロディがすごく素敵なんですよね。
揺れるハーモニカと笛(?)の音も印象的。
.
                           (06.10.5)

秋かおり、マキシシングル『大阪えれじい』 2006年10月4日発売 (TKCA-90144)
   「大阪えれじい」 作詞:仁井谷俊也、作曲:大谷明裕、編曲:矢野立美
   「ふたりしずか」 作詞:仁井谷俊也、作曲:大谷明裕、編曲:矢野立美
     ● カラオケ付き ●

 

 

 

 中村美律子 ★ 花いのち ★
. .
 「花いのち」は、イントロのギターとストリングスが特徴的。
いかにも矢野サウンドらしい楽器使いが魅力ですね。
煌めき音もいいですねー。 思わずにっこり。
間奏や合いの手のストリングス、メロディが綺麗なうえ、
年季を感じさせるサウンドで、すごく安心して聞いていられます。
中村美律子は歌が上手ですね。 舞台向きという感じでとても個性的。 

「馬喰一代」は、マキシシングルで発売されています。
歌の紹介はこちらにありますので、
よかったら読んでみてくださいね。(^^)

    ………………………………………………………………

【中村美律子関連コメント一覧】

   ◆1◆ シングル『馬喰一代』 
.
   ◆2◆ アルバム『野郎たちの詩』
.
   ◆3◆ シングル『流れるままに』
.

                           (06.12.9)

中村美律子、CDアルバム『野郎たちの詩』 2006年3月15日発売 (TOCT-25916)
   「馬喰一代」 作詞:もず唱平、作曲:富田梓仁、編曲:矢野立美
   
「花いのち」 作詞:里村龍一、作曲:富田梓仁、編曲:矢野立美

 

 

 

 チェウニ ★ もう、振り向かない ★
. .
【悲しい夢】

チェウニの歌声はいつ聴いても魅力的ですね。
乙女チックな夢を包み込む、しなやかで繊細なボーカル。
傍にいて支えてあげたくなるような女性を上手に演じています。

イントロで久々にピアノが聴けたのも嬉しいですね。
そっと心の扉を叩くような優しさあふれるリズム、
切ないメロディをふんわりと受け止めるクッションのよう。
歌の途中で時折入るギターがチャーミング。
コーダのピアノの後、曲を収束させるシンセも愛らしい。

    ………………………………………………………………

【もう、振り向かない】

この歌の第一パート、インパクトがありますね。
起承転結の構成にして、冒頭部を抑制した歌が多いなか、
敢えてオーソドックスなスタイルを避け、
出だしにアクセントを置いている点に新鮮味を感じます。
イントロのシンセがとても綺麗で印象的ですが、
歌の特性を巧く生かしたサウンドで、張り詰めた透明な空気が、
聴く者を心地よく歌世界へと誘います。

「ふたりして刻んだ時間は」から「微笑み贈りましょう」
までのストリングスの入れ方に心ときめきますね。
「メロディに乗り、メロディに命を吹き込む伴奏」って
こういうのを言うのでしょうね。 演奏家さんにも拍手です。
「嘘じゃないと信じてるから もう、振り向かない」
でドラマティックに盛り上がるアレンジも感動的ですね。

作曲のソル・ウンドは、韓国を代表するアーチストで
KBS歌謡大賞やMBC韓国歌謡大賞を受賞した方だそうです。
1958年生まれで、歌手デビューは1983年。
過去の歌をいくつか聴きましたが、日本の昭和歌謡に似たテイスト。
お隣りの国ですから、音楽的にも近いものがあるのでしょうね。
「雪雲道」と書いて「ソル・ウンド」。 
漢字を見ただけでも、日本と韓国のつながりを強く感じます。

    ………………………………………………………………

【チェウニ関連コメント一覧】

   ◆◇◆ こちらのリストからどうぞ
.
                           (06.5.27)

チェウニ、マキシシングル『悲しい夢(「ラブストーリーをもう一度」のC/W)』2006年5月24日発売 (TECA-12049)
   「悲しい夢」      作詞:夏海裕子、作曲:網倉一也、  編曲:矢野立美
   「もう、振り向かない」 作詞:夏海裕子、作曲:ソル・ウンド、編曲:矢野立美
     ● カラオケ付き ●

 

 

 

 若山かずさ ★ 花盗人よ ★
. .
 このアレンジ、めちゃ感動。 ストリングスを基調とした編曲で、
カラオケだけでも切々と訴えてくるドラマがあります。
特に、「花盗人よ」以後の男性的サウンドが魅力。
このダイナミックなストリングスと重厚感あふれるリズムには
息詰まるような気迫が感じられます。
そして、2番目の間奏、歌をドラマティックに演出する
パワフルなエレキ・ギターが最高に素晴らしいです。
抑えきれない想いをぶつけるかのようなアレンジですね。
その一方、イントロのピアノやハープは綺麗で優しく、
悲しい恋の想い出に浸る女性の姿が美しく描かれていますね。

若山かずさの透明な歌声には、どこか愛らしさも感じられます。
作曲は伊豆のりおさん。 編曲で有名な方ですが、
作曲でもいい作品を書かれますね。
「花盗人よ もう一度 私を手折ってください」のメロディが素敵。
このパートには捨てられた女の怨念が込められているのかも。

この歌、若山かずさのオリジナルアルバム『終着駅の女』(1997年)
に収録されていたらしいですが、不覚にも全然知らなかった〜。
でも「カラオケ付き!」シングルという形で発売されて嬉しいです。
コロムビアさん、まだほかにも矢野さんの未発掘曲があったら、
是非シングルにして出してくださいね。 絶対買いますから。(^^)

.
                           (06.4.29)

若山かずさ、マキシシングル『花盗人よ(「縁切寺」のC/W)』 2006年4月19日発売 (COCA-15884)
   「花盗人よ」 作詞:佐藤共子、作曲:伊戸のりお、編曲:矢野立美
     ● カラオケ付き ●

 

 

 

 高木ちえ美 ★ ヒマワリ ★
. .
【ヒマワリ】

高木ちえ美は庶民的な歌い手さんという感じですね。
一緒にお酒を飲みに行って、一緒に歌ってくれそうな……
世話好きな姉さん女房タイプといったイメージです。

「ヒマワリ」は、少し切ないメロディの恋の歌。
ギターとストリングスが耳から離れませんね。
歌詞一行ごとに入るストリングスの合の手が鮮烈。
間奏のギターも印象的ですね。バックの鈴の音も綺麗。

    ………………………………………………………………

【だから・そばにいて】

安らぎの感じられるイントロがお気に入り。
「いつもあなたに抱かれてユラユラゆれる」パートの
メロディもいい雰囲気ですね。 

全体を通して、ストリングスの奏でる旋律が優しく美しい。
「ひとりにしないでね」のストリングス、キュンという音色と
その後の穏やかな音色の使い分けが愛らしいですね。
間奏のシンセの切なさが心をとらえます。
間奏ラストの揺れるストリングスも大好き。
.
                           (06.4.5)

高木ちえ美、マキシシングル『ヒマワリ』 2006年4月5日発売 (TKCA-90101)
   「ヒマワリ」      作詞:秋浩二、作曲:秋浩二、編曲:矢野立美
   「だから・そばにいて」 作詞:秋浩二、作曲:秋浩二、編曲:矢野立美
     ● カラオケ付き ●

 

 

 

 

(14)へ ← 新譜紹介 → (12)へ

 

新譜紹介作品一覧に戻る

 

ホームページに戻る