新譜紹介(4)

 

 

 山川豊 ★ 山川豊 2003全曲集 ★
. .
 初CD化の「雨物語」が収録された全曲集。
アルバム発売2年前に作られた歌ですが、これまで未発表でした。
眠っていた曲が陽の目をみることになり、本当に良かったと思います。

本アルバム収録の「アメリカ橋」「泣かないで」「逢えてよかった」は、
既にシングルで発売済。 カラオケも楽しめますので
シングルも是非聴いてみてくださいね。

参考までに、山川豊の矢野作品シングルは以下のとおりです。
  ・『アメリカ橋/北国』  1998年2月18日(TODT-5122)
  ・『アメリカ橋〜デュエット〜』  1999年6月30日(TODT-5321)
  ・『雪舞橋』  2000年1月13日(TODT-6005)
  ・『逢えてよかった』  2000年9月13日(TODT-6060)
  ・『泣かないで』  2001年5月16日(TODT-6077)

    ………………………………………………………………

「アメリカ橋」 …… イントロの燦めきが最高ですね。
  インパクトあります。さり気なくバックを彩るアコーディオンも
  魅力。 NHK紅白歌合戦でも歌われたヒット曲。
  MBS-TBS系全国ネット『いのちの現場から (5)』主題歌。
  「
アメリカ橋〜デュエット〜」が『いのちの現場から (6)』
  主題歌に。

泣かないで」 …… 大好きなアレンジ!!
  ストリングスのメロディが綺麗で、カラオケだけでも
  すごく聴き応えがありますね。NHK紅白歌合戦の歌唱曲。
  MBS-TBS系全国ネット『いのちの現場から (7)』主題歌。

「逢えてよかった」 …… オーボエが切なさを誘います。
  このストリングスも素晴らしい。 心に染みる歌ですね。
  これもNHK紅白歌合戦で歌われた曲です。

「雨物語」 …… キラキラと輝くシンセ、アコーディオン、
  ストリングスの組み合わせが絶妙。 メロディも素敵です。

御馴染み、平尾昌晃さん、浜圭介さんの作曲も冴えてます。
山川豊さんの安定した歌唱力もさすが!! 本当に素敵ですね。
.
                           (03.5.21)

    ………………………………………………………………

【山川豊関連コメント一覧】

   ◆1◆ アルバム『山川豊 2003全曲集』 
.
   ◆2◆ シングル『霧雨のシアトル』

.
   
◆3◆ 「霧雨のシアトル」TV鑑賞コメント
.
   ◆4◆ シングル『優しい女に会いたい夜は』
.

山川豊、CDアルバム『山川豊 2003全曲集』 2002年10月9日発売 (TOCT-24859)
   「アメリカ橋」  作詞:山口洋子、  作曲:平尾昌晃、編曲:矢野立美
   「泣かないで」  作詞:たきのえいじ、作曲:浜圭介、 編曲:矢野立美
   「逢えてよかった」作詞:山口洋子、  作曲:平尾昌晃、編曲:矢野立美
   「雨物語」    作詞:岡田冨美子、 作曲:恩田涼平、編曲:矢野立美

 

 

 

 チェウニ ★ 時代遅れの女になりたい (シングルバージョン) ★
. .
 2001年12月19日発売のCDアルバム『シルエット』から
シングルカットされた曲。

何といっても、シングルではカラオケが聴けるのが魅力。
シングルバージョンということで、
チェウニが新たに歌ったものだそうです。

アレンジそのものはアルバムと同じような気がしますが、
(↑自信ない…(^^;) ミキシングがちょっと違いますね。
シングルバージョンは、全体的に鈴の音が小さく、
ストリングスが強調されています。
ラストパート「一途な想い 隠せない」からのギターも
アルバムバージョンより前面に出ています。

パッケージですが、従来のシングルとマキシシングルで出てます。
今回、初トライということで、マキシを買ってみました。
外観はハイセンスな雰囲気でいいなぁと思いましたが、
外から見える部分に「作詞、作曲、編曲」が載っていません。
外箱の作・編曲者情報を頼りにCDを買っている私としては、
ちょっと残念に思いました。

『シルエット』収録の「モーニング・ウィスパー」
のカラオケもほしかったのですが…… これも残念!!

    ………………………………………………………………

【チェウニ関連コメント一覧】

   ◆◇◆ こちらのリストからどうぞ
.

                           (02.11.14)

チェウニ、CDシングル『セピア色の雨』C/W (シングルバージョン)
  2002年8月21日発売 (TECE-11553/マキシシングル、TEDA-10553/シングルCD)
   「時代遅れの女になりたい」作詞:夏海裕子、作曲:網倉一也、編曲:矢野立美
     ● カラオケ付き ●

 

 

 

 劇場版「ウルトラマンコスモス2」「ウルトラマン伝説」 ★
. .
 衝撃のサントラ「ウルトラマンコスモス2」!!
レイジャの戦闘テーマ、ブルーエリアのテーマ、
スコーピスのテーマなどの感動の映像音楽だけでなく、
映画館では聴けないヴァージョン、映像未使用曲まで収録され、
新たな組曲として構成されています。
映画とは一味違った新鮮な世界。
まさに、サウンドで綴られた壮大な音楽物語ですね!!

「ウルトラマン伝説」は、延々15分という超大作!!
しかも、ラストパートに勇壮なメロディが加わった
ロング・ヴァージョンで、これもサントラでしか聴けません。
嬉しいことに、15分のオリジナル・カラオケまで
ついていますので、インスト曲としても楽しめます。

サントラ収録音楽の詳しい紹介&感想と、
「ウルトラマンコスモス2」「ウルトラマン伝説」公開記念、
矢野立美先生インタビューもご覧下さいね。
.
                           (02.11.14)

CDアルバム『劇場版「ウルトラマンコスモス2」オリジナル・サウンドトラック』 2002年8月1日発売 (COCX-31933〜4)
   収録曲目等の詳細はサントラリストへどうぞ。

 

 

 

 アグネス・チャン ★ 香港国際空港 / 夕焼け ★
. .
【香港国際空港】

 アグネス・チャン&平尾昌晃のデュエットソング。
イントロのドライなギターが印象的ですね。
とても気分よく乗れるリズム。

「最終のアナウンス 急がせるように」のメロディを
背後でさり気なく支えるベース(?)、すごく安定感があって
よいですね。
アップテンポな曲の中で、この音の優しさが耳に残ります。 

「悔いはないけれど……」直後や「愛が邪魔をする」の
鮮明で力強いバイオリンも心を捉えますね。 

 普通のカラオケの他に、平尾さんの声だけが入ったカラオケ、
アグネスの声だけが入ったカラオケと、3ヴァージョンもあって
サービス満点。
 平尾昌晃さんのメロディも素敵です。

    ………………………………………………………………

【夕焼け】

 イントロの魔法の笛に呼ばれ、美しい音のかけらたちが、
ひらひらと空から舞い降りてきます。  
全ての楽器は、この笛に操られるように踊り続け、
いつしか、大地を優しさで覆い尽くしていくような気さえします。

 曲の中盤、矢野サウンドの美しさが最高の輝きをみせますね。
「ただ 愛しい」から「生きていた頃は」へ向けて、
歌の流れに逆らいたくて、一瞬の躊躇いをみせるブリッジ・サウンド。
それに続くストリングスは、繊細に、しなやかに、
メロディのドラマを紡いでいきます。
二度目の「とても きれいな夕焼けよ」パートだけに登場する
ストリングスの素晴らしさにも心洗われる思いです。

 
「前を向かなくちゃ」のハープ、ラストの
「もう 会えなくなって」から「ただ 愛しい」にかけての
燦めきサウンドも魅力ですね。
.
                           (02.7.22)

アグネス・チャン、マキシシングル『香港国際空港』 2002年7月21日発売 (CRCP-502)
   「香港国際空港」 作詞:秋元康、作曲:平尾昌晃、編曲:矢野立美
   「夕焼け」    作詞:秋元康、作曲:平尾昌晃、編曲:矢野立美
     ● カラオケ付き ●

 

 

 

 ますます冴える、島津亜矢 ★ 彩 −AYA− ★
. .
 島津亜矢、聴けば聴くほど、歌の巧さに惚れ込んでしまいますね。
シングルにもなっている「夜桜挽花」の良さは言うまでもありませんが、
初めてアルバムを聴いてみて、その表現力の豊かさに驚かされました。

「夜桜挽花」で見せた力強い歌い方は、本当に素晴らしいですが、
「小春日和」では、まるで別人のように、切ない女心を歌っています。
このアレンジ、とくに間奏が抜群です。
伴奏は、全体として抑え気味に進行するだけに、
間奏で登場する低音のエレキギターがとても味わい深いですね。

「白鳥の春」は、いかにも平尾さんらしいメロディで、
ストリングスがドラマを感じさせるアレンジです。

「夜桜挽花」「女は男の言葉で変わる」については、
シングルCD紹介コメントをご覧くださいね。

    ………………………………………………………………

【島津亜矢関連コメント一覧】

   ◆◇◆ こちらのリストからどうぞ
.
                           (02.6.29)

島津亜矢、CDアルバム『彩 −AYA−』 2002年6月21日発売 (TECE-25259)
   「夜桜挽花」      作詞:荒木とよひさ、作曲:杉本眞人、編曲:矢野立美
   「小春日和」      作詞:山上路夫、  作曲:都志見隆、編曲:矢野立美
   「白鳥の春」      作詞:山上路夫、  作曲:平尾昌晃、編曲:矢野立美
   「女は男の言葉で変わる」作詞:杉本眞人、  作曲:杉本眞人、編曲:矢野立美

 

 

 

(5)へ ← 新譜紹介 → (3)へ

 

新譜紹介作品一覧に戻る

 

ホームページに戻る